オフィス

第三者の視点を利用

企業の従業員のモチベーションを維持させるための方法としては、福利厚生面の充実をはかることで、満足度を高めるという方法があります。しかし、根本的な原因除去をするためには、まずはES調査を行うことが適切な対応方法といえ、自社の状況に合ったコンサルティング会社を利用することです。

詳しく見る

オフィス

経営戦略に役立つ調査

ES調査サービスは、簡単に依頼することが出来るようになっています。利用しやすいということはとても大切なポイントです。現在では、多くのサービスがあるということから様々な仕組みを活用していくことが求められています。

詳しく見る

女性

今何が求められているか

ES調査とは何か、何のためにES調査をするのかがわかります。従業員の満足度を上げ離職率を低くできれば、おのずと顧客満足度も高まり、最終的には会社の利益を上げることができます。そのためのコンサルティング会社へのES調査の依頼であり、その結果、現状把握、課題発見、課題解決できるのです。

詳しく見る

男女

コンサルタントの選び方

ES調査はCS調査と深い関係があり、セットで行う方がよいとされています。外部のコンサルティング会社に依頼するのが一般的ですが、選ぶときは面談などで人となりも確認するようにしましょう。これまでの実績や他社と比べての特徴を確認しておくと良いでしょう。

詳しく見る

男性

多くの実績がある

経営コンサルタントが行なうES調査は、調査品質の極めて高い方法によって実施されるので、信頼性が高く安心です。ES調査を的確に実施することができれば、生産性を大きく高めることが可能で、しっかりと業績を上げることができます。

詳しく見る

オススメリンク

  • 株式会社リンクアンドモチベーション

    ES調査に関することを確かめておきたい人はいませんか?興味があるならサイトの内容を参考にしておこう。

社員の意識を理解できる

会議

データの分析が的確

ES調査は社内で働く社員の管理を行なう際にとても重要な材料となるので、しっかりと定期的に実施することが大切です。ES調査を行なう場合には、コンサルタント会社に各種の作業を依頼することになりますが、ある程度の準備をしておくと、効率的に作業が完了します。通常ES調査を行なうケースでは、ネットを利用した調査と、対面形式で行なわれる調査に分類されます。そのためある程度の社員情報を集めておいて、コンサルタント会社に提供しておけば、ネットを上手く活用してスピーディーに調査が完了することが多いです。ES調査の際に準備しておくと良い情報としては、入社時の各種の情報や、人事管理システムにおいて利用される細かいデータとなっています。各種のデータをコンサルタント会社に手渡せば、きちんとハイレベルなデータ分析によって、効率的に社員のES調査に活用してくれます。従業員の労働環境を改善することを目的にしたES調査を行なう場合には、事前に会社内の各種の情報を提供することも大切です。普段利用しているコンサルタント会社にES調査を依頼すれば、細かい情報に関してはすでの認識しているので、スムーズにすべての調査を終えることが可能です。そのためスピーディーにES調査を完了したいのであれば、通常のコンサルティングを依頼している会社に、ES調査も併せて依頼すると良いでしょう。コンサルタント会社では、事前に見積もりなどを提出して、サービス内容に関して丁寧に告知しています。