コンサルタントの選び方

男女

面談で確認を

CS調査とES調査はセットで行うべきという考え方が主流になっています。CS調査とは顧客満足度調査のことで、ES調査とは従業員満足度調査のことです。企業の最大の資産は人です。数々の研究でも、従業員満足度と顧客満足度は深い関係があるとされています。従業員満足度が低い会社ではコア人材の引き抜きにも合いやすく、人材が定着しないがために常に忙しく余裕がないということにもなりかねません。そうなるとさらなる悪循環となってしまいます。そのような事態を防ぐためにES調査の必要性が近年言われてきました。ES調査は自社で行うよりもコンサルティング会社に依頼する方がおすすめです。とはいえコンサルティング会社もコンサルタントもピンキリなので、きちんと見極めて依頼しなければなりません。見極めるときは資料ではなく面談などで人を見て判断するようにしましょう。このような場面でも働く人の善し悪しが結果に影響してくるためです。面談のときには、会社の行うES調査でこれまでどのような結果が得られたのか、どのような特徴があるのかを聞きましょう。実際の会社名がわかれば、その会社に問い合わせてみるのもおすすめです。ES調査を行ったものの何の変化もないというのでは依頼する意味がなくなってしまいます。また、その会社ならではの特徴をきちんと把握しているか、他社と比べてどんなメリットがあるのかも聞いておくべきです。コンサルタントがきちんとそれを理解しているかで成果も大きく変わってきます。